スポンサーリンク

テレビ

古山裕一のモデルの本名は?代表作とは?プロフィールまとめ

 

音楽

こんにちは!朝ドラ大好きミヨピンでーす!

次回のNHK連続小説は「エール」です。

「エール」の主人公は古山祐一です。

この古山祐一のモデルは古関裕而(こせきゆうじ)なんです。

古山祐一ことモデルは作曲家古関裕而!

古関裕而はどこの出身地?

古関裕而は明治42年8月11日に福島県福島市大町の老舗の呉服店「喜田三(きたさん)」で生まれました。

呉服店「喜田三(きたさん)」は福島県でも有数の規模で、古関裕而は裕福な家庭で育ちました。

古関裕而はどんな子供だったの?

音楽好きはお父さんゆずりなのでしょうか?

音楽好きなお父さんが蓄音機を購入したのです。その当時は珍しいかったのでしょう!

お父さんが仕事の合間に蓄音機のレコードを聞いていたことから、古関裕而は、その音楽を聞きながら絵を描く日々を送っていました。

小学3年生の時に遠藤喜美治先生になったのです。

遠藤喜美治先生は音楽が好きだったそうで児童に作曲や作詞をさせていたので、古関裕而はそのおかげで作曲か大好きになってクラスのみんなの分まで作曲していました。

お母さんが高級な卓上ピアノを買ってもらったので、古関裕而は独学で勉強して、ピアノで作曲をはじめました。

古関裕而の青春時代は?

古関裕而は、跡取り息子でったので家業の呉服屋を継ぐために、福島商業高校へ進学しました。がお父さんが呉服屋を倒産させてしまいました。

そのため呉服屋を継ぐ必要がなくなったのです。

呉服屋を継がなくてもよくなった古関裕而は喜んで、音楽に熱を入れて作曲を開始したのです。ハーモニカに熱中したのです。

叔父さんから銀行に誘われたので川俣銀行で働きながら音楽活動をしたのです。

古関裕而が20歳の時に、作曲「竹取物語」など4曲をイギリスの作曲コンクールに応募すると、2等に選ばれたのです。

新聞にも大きく報じられたのです。

奥さん(内山金子)の出会い

作曲「竹取物語」の新聞をみた内山金子は古関裕而に手紙を送ったのです。

なぜなら?

内山金子は小学校の学芸会で「かぐや姫」を演じたのです。するとみんなから「かぐや姫」とよばれたのでした。

竹取物語とかぐや姫・・・!何かの縁でしょうか?

こうして古関裕而と内山金子は交際をはじめました。

交際3か月の電撃結婚だったのでみんな驚きました!

コンクールとイギリス行きは謎だという説があるそうです。

古関裕而の代表作!

 

コロンビア

古関裕而はコロンビアの専属となります。

最初はなかなかヒット曲が出なくて、コロンビアからクビ宣告まで受けていたのです。

コロンビア作曲家・古賀政男に助けられてクビが免れたのでした。

昭和9年、25歳で「利根の舟歌」が初ヒット

昭和10年「船頭可愛いや」大ヒット!!

コロンビアの社長が大喜びで、古関裕而の累積赤字をチャラにしてもらったのです。

昭和11年 「大阪タイガースの歌(六甲おろし)」

昭和12年 「勝ってくるぞ勇ましく」「露営の歌」

昭和19年 「若鷲の歌」

昭和26年 「長崎の鐘」「イヨマンテの夜」

昭和39年 55歳 「オリンピックマーチ」

古関裕而のプロフィール

本名   古関 勇治

生年月日 1909年8月11日

没年月日  1989年8月18日(80歳没)

出身地  福島県福島市

職業   作曲家

ジャンル 応援歌 行進曲戦時歌謡 歌謡曲

配偶者  古関金子 (1930年 1980年死別)

家族   古関正裕(長男)

1969年  紫綬褒章受章

1979年  勲三等瑞宝章を受章。

まとめ

もうすぐNHK朝ドラで福島市出身の作曲家・古関裕而と奥さんの金子さんのドラマがはじまります。

古関裕而先生は、いろいろなジャンルの作曲をされました。

全国高校野球大会歌「栄光は君に耀く」や阪神タイガース球団歌「六甲おろし」1964年東京5輪の「オリンピックマーチ」学校の校歌等々名曲を沢山作曲されました。5000曲とも言われます。

日本が激動の時にみんなの心に響く曲で元気もらったのですね。

日本の為にすごく貢献されて尊敬します。

NHK朝ドラ「エール」で古山祐一のモデルの古関裕而先生と奥さんの生きざまをみんなでしっかりと見させ貰いたいと思いました。

 

スポンサーリンク

-テレビ

Copyright© ミヨピンのお笑い福袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.